借金を返済する意思のない人への対処法

借金を返済する意思のない人への対処法

お金の貸し借りを行う際に一定の割合で発生してしまうのが貸したお金が戻ってこないという借金の踏み倒しの問題です。
お金を貸してもらった側は、そのお金を当初の予定通りにお金を貸してくれた側に返済するというのが当然の義務となりますが、なかには返済途中で職を失ってしまうなどの理由から資金繰りが上手くいかずに借金の返済が困難になってしまうこともあります。
このようなケースの場合、返済を続けていくことが経済的に困難だというときには自己破産をするなどの債務整理を行い、借金に関する問題を解消する方向へ動くことができます。
しかし、お金を借りる人の中には、初めから借りたお金を返済する意思のない詐欺まがいの行為を行ってしまう人も少数ながら存在しています。
前述したように何らかのやむを得ない事情からお金の返済を続けられなくなってしまった人とは異なり、初めから借りたお金を返済する意思のない人の場合、そのような人から貸したお金を回収するのは非常に難しいことになります。
そのため、借金の返済をする意思のない人に対しては司法書士や弁護士などへ相談をした上で、法的な解決を探っていくことになります。

連帯保証人は借金の際の責任が重い

連帯保証人は借りた人間が返済出来なくなった場合に返済する義務を負う人間です。
借金を返済する場合に保証人というものもありますが、全く意味が違っています。
連帯保証人は借りた人間と同等の返済義務を負うので大変に厳しい状態になる場合もあります。
貸して側はお金の返済が出来なくなることを非常に恐れるので、こちらの方を選択することも大変に多いです。
相手のことをよく知らない場合は絶対にならないことが非常に大事になってきます。
貸して側がいきなり主債務者ではなくて保証人の方に返済を迫ってきたとしてもそれを拒否することが連帯の場合はすることが出来ません。
これは非常に重い責任を負うことになるので、じっくり考慮して保証人になるか考えていく必要があります。
返済していくことが難しい場合は、法律事務所などに相談して最善の策を考えていく事が大事になってきます。
債務処理に強い弁護士などに相談をして解決していくことが良い方法です。

注目サイト

豊川のエステに通う

Last update:2018/7/26

CONTENTS

『連帯保証人』 最新ツイート

@minpou_bot

【債権】/保証債務/ 「共同保証」:保証人が数人で分割負担  「連帯保証」:「補充性がない」ため、連帯保証人は「催告・検索の抗弁権をもたない」。求償権はある。  「根保証(継続的保証)」:主債務が消えても、別債務に継続して保証がかかる。法改正で期日なし→3年、期日あり→5年限度

3分前 - 2020年07月07日


@3QKFrGrRJ4HFBh5

ん?そもそも連帯保証人になれる条件があるらしく、収入が安定してる人らしい、ようは返済能力がある人じゃないとそもそも審査で落ちる

17分前 - 2020年07月07日


@mkepa5

"埼玉県の31歳男性は、主に交通量調査などの単発アルバイトで生計を立てていたが、コロナの影響で仕事が激減してしまった。すでに消費者金融で200万円の借金、奨学金の支払いもあり、両親が連帯保証人のため自己破産できない。" 社会ごと狂… https://t.co/r5LTY6xwHf

20分前 - 2020年07月07日